Event is FINISHED

第12 回 科学的・合理的に薬物治療を実践するための「文献評価ワークショップ」

Description

医師・薬剤師のための

第12 回 科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ


『症例解析&⽂献評価ワークショップ2017:2 型糖尿病』


日時:2017年5月13日(土)13:00~17:30 、14 日(日)9:20~17:00 (2日間のワークショップです)

場所:グラントウキョウ サウスタワー13 階 会議室E およびF

募集人数:症例解析コース 15 名、⽂献評価コース 15 名

参 費正:会員・準会員7,000 円、非会員13,000 円、学生1,000 円(いずれも当日払い)

      当機構からお申し込みで、14日のみの場合は、10,800円となります。

申込締切:一般申込:2017 年4月29日(土)(先着順)

詳細:ご案内詳細(pdf) (学会の案内となります)


日本アプライドセラピューティクス学会HP

http://www.applied-therapeutics.org/


学会と当機構の両方からお申し込みが出来ますが、共催となるのは2日目のみとなります。

当機構からお申込みの方は1日目が免除となりますが、必ずMobile Seminarのアプライドセラピューティクス学会シリーズを受講して頂くことになっております。

ただし、Mobile Seminarの受講を終了しても、1日目から参加いただく方が絶対に勉強になりますので、出来るだけご参加をお願い申し上げます。

(学会から参加される方は全員1日目から参加され、2日目のグループワークのための知識を学びます。)

学会からは事前課題の送付もございますが、こちらからお申し込みの場合は、当機構がバックアップさせて頂きますのでご安心下さい。


詳細については、当機構のHPも併せてご覧ください。

http://pfpd.or.jp/pharmacist/20170514ws4/

Mobile Seminarについては、当機構ホームページから、もしくは、東邦薬品が提供するENIF Club 薬剤師Webセミナー(外部サイト)からご受講下さい。


Mobile Seminar「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」シリーズ


「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」-基礎編-

1)臨床薬物動態Ⅰ・Ⅱ 講師:緒方宏泰先生(日本アプライド・セラピューティクス学会会長)

2)臨床検査値の読み方  講師:三原潔先生(武蔵野大学薬学部)

3)症例解析入門I(概論) 講師:川名純一(明治薬科大学)

4)症例解析入門II(症例検討) 講師:花井雄貴先生(東邦大学大森病院)

5)文献評価入門  講師:小川竜一先生(明治薬科大学)


「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」-実践編-

1)糖尿病概論  講師:佐村優先生(横浜総合病院)

2)てんかん概論  講師:金井紀仁先生(新座病院)



同時開催

日本アプライドセラピューティクス学会共催ワークショップ

『症例解析&文献評価ワークショップ』 症例解析コース 

(5/13~5/14)

【同時受付】 文献評価ワークショップ (症例解析コースの定員を超える場合はこちらをご選択頂き、備考欄にその旨ご記載下さい)


高齢者薬物治療認定薬剤師制度の生涯研修プログラムは、高齢者の薬物治療がより安全なものとなるよう、処方の妥当性を検討し、必要があれば適正な薬物治療を提案するための能力開発を目的としています。


 高齢化により増大する医療費の適正化が検討される中、高齢者に処方された薬剤に起因する有害事象が問題として取り上げられることが多くなりました。

 原因は様々ですが、生理機能の低下する高齢者では、副作用や多剤併用による予期せぬ相互作用なども起こり易くなります。

 当機構が主催する高齢者薬物治療認定薬剤師制度における研修プログラムでは、不適切処方に対して処方の再設計を検討・提案できる高い臨床能力を持つ薬剤師の育成を目指し、薬剤の特性に加え、病態や個々の患者の状況、社会的要因や治療を受ける上での希望など、あらゆる情報を収集・評価する訓練を行ってまいります。

薬学的管理が問われる今、処方の妥当性を評価・検討の上、代替案を提案できる薬剤師の本質的な職能の向上は、全ての薬剤師にとって喫緊の課題と考えております。

そのため、私たち薬剤師は医療者であると同時に薬学を学んだ科学者である事を忘れず、収集した情報を科学的根拠に基づき評価する能力を維持・向上することに努めなければなりません。

そして確実にその能力を獲得できる学びの場を提供すべく検討を重ねた結果、安心、安全かつ良質な薬物治療を提供するために、薬物治療に関して、評価、研究、普及、教育などの活動を行う日本アプライド・セラピューティクス学会が主催する「科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ」との共催に至りました。

 当機構が指針とする、「学んだ薬剤師自身が価値ある変化が得られたと実感できる効果的なプログラム。56年後の将来像を見据えて、必要な知識・技能を身につけ、自ら成長できるプログラム。」を実現するこのワークショップを、より多くの薬剤師の皆様にお届けしたいと考えております。

また、学習者が戸惑うことなくワークショップでの学びを深めていけるよう、当機構が提供するe-ラーニング「Mobile Seminar」に、日本アプライド・セラピューティクス学会の講師陣によるコンテンツ「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」シリーズを用意しております。このシリーズは事前学習だけでなく、ワークショップ参加後の復習にも活用できるものとして構成されておりますことから、併せて受講することをお勧めしております。



Sun May 14, 2017
9:20 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
グラントウキョウサウスタワー
Tickets
13-14(2日間) SOLD OUT ¥13,000
14日のみ(事前にMobile Seminarの受講が必要となります) SOLD OUT ¥10,800
Venue Address
千代田区丸の内1-9-2 Japan
Organizer
一般社団法人薬局共創未来人材育成機構
270 Followers